ヨハン早稲田キリスト教会で行われた、スキット(寸劇)の台本(シナリオ)をご紹介。

2011年12月アーカイブ

ヨハン早稲田キリスト教会・2011年の収穫感謝礼拝で捧げられたスキットです。


「感謝の心で」


父:

母:

子供:XXX

                                        

 

父:さて、今年も収穫の時期が来たな。おい、さっそく畑に行って作業を始めるとするか。

母:そうね!ねえ、今年はXXXちゃんも大きくなったから、収穫作業を手伝わせましょう。

父:えぇ?、子供なんて畑に連れて行ったら邪魔になるだけだろ。

母:でも、畑仕事を通して瞳ちゃんが神様の恵みを知る機会になるんじゃない?

父:だけどなぁ・・・まあ好きにしろ!

母:XXXちゃん、パパとママで畑に行くけど一緒に行かない?

子:ほんとぉ!一緒に行ってもいいの?

母:一生懸命お手伝いしてくれる?

子:は?い!

父:おい、行くぞ!

 

(畑)

子:ねぇ、パパこれは何?

父:これか?これは大根、それがジャガイモ、あっちはサツマイモで、そっちはニンジンだ。

子:へぇ?、ねえパパ、今日は何を採るの?

父:まずは大根だ。大丈夫か?

子:大丈夫だよ!

母:じゃあ、わたしは向こうからやるわね。瞳ちゃん、一緒に行きましょう。

父:よろしく頼むぞ!

(夫 大根を抜き始める)

子:よいしょ!よいしょ!ねぇママ、これ抜けないよ。

母:じゃあママが手伝ってあげる。せぇ?の!

(妻子 一緒に引き抜く⇒抜けて尻もちをつく)

母:いった?い!XXXちゃん、大丈夫?

子:(抜けた大根を驚いて見つめる)
うわ?すごい!ねぇ、ママ、おっきいね!

母:ホントだ!おっきいね!

子:(父親のほうに走っていく)ねぇ、パパ!見て見て!わたしが採った大根だよ!ねぇ!見てよ!おっきいよ!

父:わかった、わかった。いいから次行け!

子:(父親が見てくれなくてさびしい)は?い

母:パパのところ行ってきたの?

子:うん。
でも、見てくれなかった・・・もっとおっきいいの採って、パパを驚かせるんだ!

母:そうね。

子:ママ、今度はこれ採ろうよ!

母:よ?し、行くわよ!

(妻子 一緒に引き抜く⇒抜けて尻もちをつく)

子:採れた!
パパ、見て!またおっきいの採れたよ。

父:はぁ(ため息)
(母に向かって)おい、いちいち俺に報告させるな。今日中にここを全部やらないといけないんだぞ!早く作業を進めてくれよ!

母:そんな言い方しなくてもいいじゃない。XXXちゃん、初めて畑仕事して、しかもああやって収穫ができて本当にうれしくて仕方がないのよ。

父:だけどな、いちいちあの子の話を聞いていたら進まないんだよ!

母:ねぇ、あなた、ここまでこの野菜が育ったのはいったいどうして?

父:俺が毎日、朝早く起きて、水を上げて、肥料を上げて管理したからだろう。

母:確かにそうね。だけど、この水は?太陽は?

父:・・・

母:すべて父なる神様が与えてくださったものでしょ。

  感謝しましょう。あの子みたいに楽しく。

父:だけどなぁ、時間が・・・

母:あせらないで、感謝して楽しくやりましょう!
ただまじめに、一生懸命にやっても疲れるだけよ。

父:そうだな・・・俺も初めて親父について行って収穫した時、本当に楽しかったな。
いつの間にか、その楽しみや喜びがなくなってたかもしれない。
ありがとな。お前があの子を連れていくって言ってくれなかったら、この気持ちを思い出せなかったな。

子:ねぇ、ママ、これ抜けないよ!手伝って!

父:よし、今度はパパが手伝ってあげよう!

(父母 子供に駆け寄る)

父:よし、行くぞ! せ?の!

3人 一緒に引き抜く)

3人:やった?!

子:神様ってすっごいねぇ!

母:今日の夕食は、この大根にしましょうか。ねぇ、あなた、何がいい?

父:そうだな・・・ブリ大根がいいなぁ。

子:たっくんのおうちにも持っていこうよ!

父・母:そうね。

ナレーション:今年も収穫の季節がやってきました。主にあって明るく、楽しく、わたしの全てを満たしてくださる父なる神様に感謝しましょう。



2011/11/20


感謝の心で



このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。