ヨハン早稲田キリスト教会で語られたメッセージの中から幾つかをご紹介。聖書の御言葉の恵みを分かち合いましょう。

2011年12月アーカイブ

場所:ハン早稲田キリスト教会・ヨハン教会

土曜礼拝2011.11.16

聖書本文:詩篇100:1-5

主題:「喜んで!伝えてください」


第一点目、それは「喜び」です。1?2節『賛歌。感謝のために。全地よ、主に向かって喜びの叫びをあげよ。喜び祝い、主に仕え喜び歌って御前に進み出よ。』詩篇の作者は、喜びの叫び、喜び祝い、喜び歌うと喜びで満たされている様子を描いています。

 

喜びと聞いて、皆さんの喜びは何でしょうか?単純に、食べること・寝ることが喜びだという人がいるでしょう。いやいや、霊的なことを喜ばなきゃ・・・。と賛美を歌うこと、祈ることが喜びだという人がいると思います。地上的なもの、天上的なものすべてに私たちは喜びを見出すことができるのが、クリスチャンです。

 

ここの詩篇の作者の喜びの焦点、フォーカスはどこに合わせられているのでしょうか?その喜びが、一時的なものではなく、継続して、満たされる喜びであるその理由は何でしょうか?喜びの理由、これを考えなければなりません。どのように、私に喜びが与えられたのか?

 

この答えは、非常に単純です。私たちの喜びの源は救いの喜びです。私たちの前からすべてのものが取り去られても決してなくならないもの、それは主の十字架の死と復活による救いです。私たちが誰かを喜ばせようとするとき、それは苦労を伴います。

 

喜ばせようとしている対象に即した、プランニング、自分の時間・能力・お金の犠牲が必要となります。そうして、汗と涙を流して苦労した結果、誰かの喜びの笑顔を勝ち取ることができます。私たちのすべてが喜びへとかえられたのは、主が十字架で苦しめられたからであります。

 

イザヤ書53:5『彼が刺し貫かれたのはわたしたちの背きのためであり彼が打ち砕かれたのはわたしたちの咎のためであった。彼の受けた懲らしめによってわたしたちに平和が与えられ彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。』何度も確認します。言っても言ってもいい足りない事実だからです。

 

つまり、十字架の死と復活、これが私を罪の死から開放して聖霊様による命へと移してくださった、唯一の救いです。救われる前、私がどのような状態であったか?もう皆さんは忘れてしまいましたか?私は常に思い出します。新宿、渋谷とか歓楽街に出るたびに、あの飲み屋でこの飲み屋で、酒に入り浸っていたか。東大本郷に行くたびごとに、自分のいた研究室でどのように暗い生活を営んでいたか。夜寝るたびごとに、なぜ生きるかを考えて不眠症でねれなくなっていた自分を思い出します。救われる前の状態、忘れないでください。私の出発がどれほど惨めな場所であったのか覚えることは、主の恵みがどれほど大きなものかを考えるのに有益だからです。

 


 

場所:ヨハン早稲田キリスト教会

土曜礼拝2011.5.14

聖書本文:使徒言行録2823節?31

主題:パウロは朝から晩まで説明を続けた。

 

こんにちは。一週間のバイブルウィークの恵みに感謝します。

聞いた御言葉が実際の生活の変化の実りとして与えられるよう祈ります。


今日の本文は使徒言行録28章です。

使徒言行録の最後の章であります。

今、私達が生きているこの世界は使徒言行録29章だとも言われています。

それは、このルカが書いた使徒言行録がある意味中途半端なような感じで終わっているところがあるからだとも言えます。

私達はこの使徒パウロの姿を見ながら、真の主の弟子としての姿勢を学んでいく事ができます。

今日の本文の2324節を一緒にお読みしましょう。

 

28:23そこで、ユダヤ人達は日を決めて、大勢でパウロの宿舎にやって来た。

パウロは朝から晩まで説明を続けた。

神の国について力強く証しし、モーセの律法や預言者の書を引用して、

イエスについて説得しようとしたのである。

28:24ある者はパウロの言う事を受け入れたが、他の者は信じようとはしなかった。

 

使徒パウロはこの当時、どこにいたのでしょうか?

ローマです。

待ち望んでいた世界の中心であるローマです。

全ての道はローマに通じると言われていた場所です。

パウロはローマが変われば世界が変わると信じていました。

その当時、クリスチャンと言われている人々はわずか、

当時、ローマの皇帝は暴君と言われていたネロ皇帝であり、

クリスチャンは迫害されていました。

パウロはこの時に自宅軟禁状態であったと言われています。


そんな中で、パウロは自分の念願であったローマにおいて、

自宅にいながらでしたが、御言葉を述べ伝える権利が与えられました。

彼は多くの人々が宿舎に来る事を歓迎しながら、神の言葉を述べ伝え続けたのです。

このパウロの宿舎こそ、まさにローマにおける神の教会であったという事ができます。



ヨハン早稲田キリスト教会で行われたメッセージのうちの一部を、

このサイトでもご紹介していく事になりました!

主に、土曜礼拝などを中心にします。

早天祈祷会のメッセージは、別途サイトがあります。


御言葉で恵まれて毎日を歩んで行きましょう!

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。