ヨハン早稲田キリスト教会で語られたメッセージの中から幾つかをご紹介。聖書の御言葉の恵みを分かち合いましょう。

主日2時礼拝の最近のブログ記事

場所:ヨハン早稲田キリスト教会、ヨハン教会

主日2時礼拝

ローマ信徒への手紙718節-84

主題:福音の再発見

 

皆さん、こんにちは。

今日の本文はローマ信徒への手紙であります。

ローマ書は新約聖書の中でも福音に対する核心的な内容を語っている書簡であります。

この手紙が書かれた時、使徒パウロはまだローマにいませんでした。

彼はローマに行きたいという切なる願いの中でこの手紙を書きました。

使徒パウロは

1:15それで、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を告げ知らせたいのです。

と訴えている通りです。

パウロは、ローマの人々に福音を告げ知らせるためにこの手紙を書きました。

では、ローマの人々は福音を知らなかったのでしょうか?

いいえ、知っていました。

イエス・キリストが神の子メシアであること。

イエス様が私達の罪の身代りに死なれたこと、

そして三日目に蘇られたこと。

主イエスを信じるすべての者に罪の赦しと永遠の命が与えられること。

これらはみな福音の内容です。


ここにいる既に主イエスを信じているクリスチャンの兄弟姉妹はこの福音を信じています。

信じていない人も、福音の内容について、聞いた事はあると思います。

それは主イエスの十字架と復活が私達の罪の購いのためであるということ。

その十字架を通して私達に神の愛を示されたということです。


ここで、私達は使徒パウロが告げ知らせたい福音を考えてみなければなりません。


私達はKOSTA集会を通して、恵みを受けました。

しかし、私達を本当に生かすのは何であるのか。

それを今日考えてみたいと思います。



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち主日2時礼拝カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお知らせです。

次のカテゴリは主日ゴスペルナイトです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。